白髪染めの仕組み

 白髪染めの種類は、髪を染める仕組みによって分類できます。そして、もっとも一般的なのは、ヘアカラーです。 ここでは、ヘアカラーがきれいに白髪を染めるしくみについて、少し詳しく説明します。

白髪染めの薬剤

白髪染めには、通常1剤と2剤があります。それぞれに含まれる成分とその働きは異なり、これらを使用直前に混合することで、髪を染めます。

1剤には、酸化染料とアルカリ剤が含まれています。酸化染料は、染める色のもととなる成分で、アルカリ剤は、髪の表面に作用し、キューティクルを開き、薬剤が浸透するのを助けます。

2剤には、酸化剤である過酸化水素水が含まれています。この過酸化水素水が、1剤に含まれるアルカリ剤と反応すると、酸素が発生します。 この酸素が、髪のメラニン色素を脱色し、染料の発色を促します。同時に、酸化染料と酸素が結合し、髪の内部に閉じ込められ、色が持続するようになります。

つまり、使用直前に混ぜた混合液は、それぞれの成分が髪に作用し、液を髪の内部に浸透させてから、色が定着するように働きます。

白髪染めと黒髪染めの違い

ヘアカラーには、白髪を染めるためのものと、黒髪を染めるものがあります。1剤、2剤の働き方、髪を染める仕組みは変わりませんが、脱色力と染毛力のバランスが違います。

そのため、黒髪用で白髪を染めようとすると、白髪が上手に染まらない、想定していた色にならない、など仕上がりに不満が残ることがあります。

白髪を目立たないように染めるには、白髪染めを使うのが一番です。

このページの先頭へ

FXとは