白髪染めの種類

白髪を目立たなくしたい!そんな望みをかなえてくれる白髪染めにはいくつか種類があります。そして、それぞれメリット、デメリットがあります。 白髪染めの種類とそれぞれの特徴を以下にまとました。

ヘアカラー

白髪染めといったときに、もっとも一般的なのが、ヘアカラーでしょう。

ヘアカラーは、髪のメラニン色素を分解し、染料を髪の内部に定着させます。強い染毛力があり、シャンプーをしても簡単に色落ちしません。

白髪をしっかり染めたい、色を持続させたい人には適していますが、髪や頭皮への刺激が強いので、肌が弱い人は注意が必要です。髪への負担も大きいので、回数を重ねると、髪へのダメージも大きくなります。

ヘアマニキュア

髪の表面に染料を吸着させて染め上げます。髪表面に色をつけるだけなので、髪や頭皮への負担は少なくてすみます。また、コーティング効果があるため、髪にはツヤがでます。

染め上がりは、白髪の場合、自然な色合いと発色が期待できます。しかし、2~3週間で色が落ちたり、染めた直後は衣類や枕に色がついたりすることがあります。

髪へのダメージが気になる、ヘアカラーでトラブルを経験したことがある人は、ヘアマニュキアを試してはいかがでしょう?

一時染め

スプレーやスティックタイプ、マスカラタイプのもので、髪を染める、というよりも、髪に色を塗るような感覚で使えるものです。シャンプーですぐに落とせます。 とりあえずの応急処置的に使用する、旅先で使う、ヘアカラー使用後のリタッチや伸びてきた白髪などをちょっと隠すというように使うと便利です。

このページの先頭へ

FXとは