白髪染めの選び方

白髪染めを選ぶ際、自分の髪質を理解することが大事です。色や使い勝手だけで選んでしまいがちですがが、自分の髪質を知っていれば、染め上がりもきっと変わります。

髪質を知る

髪質を知る手がかりは、「太さ」、「硬さ」、「色合い」などです。

一般的に、髪が太く硬い人は、染まりにくく、髪が細く柔らかい人は、染まりやすいと言えます。 あくまでも目安ですが、パーマがかかりやすい人は、染まりやすく、かかりにくい人は、染まりにくいとも言えます。

この髪質は、仕上がりの色にも影響し、硬毛の人は、暗めの色の方がきれいに染まり、軟毛の人は、明るい色の方がきれいに染め上がります。 白髪染めの色を選ぶ際にも、この点に注意して選ぶといいでしょう。

白髪の量で選ぶ

白髪の量が少なく、それほど目立たない場合は、しっかり黒く染めるよりも、明るめの色で染める方が、仕上がりは自然になります。

逆に、黒髪に比べて白髪の量が多いような場合は、しっかり染めるつもりで、白髪染めも好きな色を選ぶといいでしょう。

種類で選ぶ

種類で選ぶ場合は、なぜ染めるのか、という点を考えてもいいかもしれません。

白髪が増え、しっかり染めたい場合はヘアカラーを、目立つのが少々気になる、 一時的に(例えば何かのイベントに合わせて)きれいに染めたい、という場合は、ヘアマニキュアを使ってみてもいいでしょう。

肌質で選ぶ

 白髪染めとしてもっともスタンダードなヘアカラーは、肌や髪への刺激が大きいため、 敏感肌の人や、一度ヘアカラーでなんらかのトラブルを経験した人は、ヘアカラーを選ぶときには慎重に行うようにしましょう。

パッチテストを事前に行うことはもちろん、最近増えている低刺激のものを選ぶようにしてみましょう。

このページの先頭へ

FXとは