白髪染めとアレルギーについて

ヘアカラーは、髪や頭皮に直接作用します。したがって、白髪をきれいに染めるには、それなりのリスクが伴います。 髪や頭皮への刺激とそのためにおこるダメージも、長期に渡ると無視できなくなります。

さらに、最も怖いのは、「アレルギー」です。白髪染めに含まれる酸化染毛剤の主成分である『パラフェニレンジアミン』は、アレルギーを起こす成分のひとつです。 アレルギー体質の人が使うと、アレルギー症状である、発疹、かぶれ、かゆみなどを引き起こすことがあります。 さらにひどいアレルギー症状を起こす場合もあるため、アレルギー体質の方、ヘアカラーで皮膚トラブルを経験した方は、使用には注意が必要です。

白髪染めをはじめとするヘアカラーの説明書には、使用前に「パッチテスト」をするように記載されています。これは、このようなアレルギーを防ぐために記載が義務つけられているのです。

パッチテストは簡単ですが、この手順を飛ばしてしまう人もいるのではないでしょうか?自分はアレルギー体質ではないから大丈夫、 前にも使ったことがあるから、など過信せずに、使用前には必ず行うようにしましょう。花粉症でも分かるように、体質は変わることがありますから、絶対大丈夫とは言い切れません。

パッチテストの方法

白髪染めの説明書には、パッチテストの方法が記載されていますので、白髪染めを購入した後は、使用する前に必ず確認して、テストを行ないましょう。 ここでは、簡単に手順を説明しますが、実際に行う際には、説明書にある手順にしたがって行ってください。

1.テスト用の混合液をつくる

テスト用の混合液は、1剤と2剤を少量混ぜ合わせてつくります。(それぞれの分量は説明書に記載されています。)小皿などに規定量入れ、綿棒などでよく混ぜ合わせます。

パッチテストは、通常48時間待って、結果を判定しますので、全量つくってしまうと、髪を染めるのに使用できなくなります。

2.混合液を肌につける

混合したテスト液を肌につけます。皮膚の柔らかい部分がテストには向いています。 また、目立たない場所を選ぶといいので、二の腕の内側につけるのが一般的に推奨されています。二の腕であれば、つけるのにも、確認するにも便利です。

広い範囲に塗る必要はありません。綿棒などで、うすくつけるようにしましょう。

3.48時間放置

塗った場所は極力触れないようにして、48時間放置します。その間、液剤を塗った箇所の肌の状態を確認します。 最低でも、塗布後30分後と48時間後は確認します。もし、肌に赤みや湿疹、かゆみなどの異常が現れた場合は、洗い流してください。

4.異常がないことを確認

48時間放置した後も、塗った箇所に異常がなければ、使用しても問題ないでしょう。ただし、パッチテスト後は、すみやかに使用することをおすすめします。 時間が経ってしまった場合は、改めてパッチテストを行った方がよいでしょう。

このページの先頭へ

FXとは